ikumama☆(^^)

ikumama☆

子鉄とおでかけ&知育情報

くみくみスロープのリアルな感想

 電車大好きな息子(3歳)が、電車以外のおもちゃで最近はまっているのが、

こちら↓。くもんから出ている『くみくみスロープ』です。

 こちらは口コミ評価が高く、知育にも効果がありそうなので、購入することは前々から決めていましたが、おもちゃをあまり増やしたくない気持ちがあったので、先延ばしにしていました。

 

 〈目次〉

 

くみくみスロープとは

 

ボールが下まで落ちるようにコースを考えて作る遊びをとおして、作り上げる達成感を味わい、集中力や創造性を育てる知育玩具です。

 

ボールが転がる場所は、見えたり隠れたり。また、コースは立体的なので、ボールを目で追うことで空間認知能力が養われます。

 

パーツの種類は19種類。組み合わせ次第で、さまざまなコースを作ることができます。

組み立て方を誤ると、ボールが下へ落ちずにとまってしまったり、組み立てたコースを上手く通らなかったりします。

 

対象年齢は3歳~となっています。

 

組み立てるパーツを、繋いだり外したりするのに、少し力が必要なので、自分で組み立てるのにはやはり3歳ごろからが適齢だと思います。

 

しかし、親が組み立てるのであれば、ボールを口に入れる心配が無ければお座りができる頃から、楽しめそうです。

転がるボールを目で追うだけでも、十分に知育に繋がるからです。

 

 

購入してみて 

 

最初は全く作れず、親がコースを組み立てました。

慣れないうちは以外と難しく、安定するコースを作るのに四苦八苦。

 

しかしその分、作ったコースをうまくボールが転がった時の達成感は特大です!

そして、転がすのも楽しい!

ボール(市販のビー玉でOK)をたくさん用意して、ジャンジャン転がすだけでも、気分爽快です。

 

息子も購入したその日から毎日転がして、楽しむようになりました

購入してから1週間後頃、

今日も転がしてるな~、と思ったら、いつの間にかコースをアレンジしだしました。

 

よしよし、自分で組み立てたくなったんだなと、組み立てるパーツの向きを少し教えました。すると、すぐに簡単なコースが作れるようになりました。

f:id:my_darling_child:20170622131225j:image

興味を持った時の、子どもの成長はすごいな、と改めて感心。

 

一度達成感を味わうと、組み立てるもが楽しみになってきた様子。

もっといいコースが作りたい!と毎日、コース替えをしています。

f:id:my_darling_child:20170622131248j:image

最近は、コースに安定感も求めるように。。。

 

これだけ楽しめて、コストパフォーマンスが良い知育玩具は、今のところ知りません。

 

posted with カエレバ

 

☆最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

〈こちらの記事も読まれています〉

www.ikumama.info