ikumama☆(^^)

ikumama☆

子鉄とおでかけ&知育情報

男の子に伝わる叱り方

同じことを何度注意しても直らなかったり、叱っていても聞いてるのか聞いていないんだか。。。しつけってホント難しいですよね。

特に、自由で衝動的な男の子には、男の子の特性を理解した叱り方を知っておき、できるだけ効果的な叱り方をしたいものです。

f:id:my_darling_child:20170530121646j:plain

《目次》

 

 ズバリ!男の子に伝わる叱り方とは

1.叱るときはその場で

「過去・現在・未来」という時間の概念がない子どもには、現行犯で叱るのは有効。

叱るべき行為をした時は、「その場ですぐに」が鉄則です。

 

2.あれこれ言わずにビシッと一言

たくさんの言葉で長々と叱られても、子どもはすべてのメッセージをうけとれません。

シンプルな言葉で短く、年齢に合わせて、その子にわかる言葉で伝えましょう。

 

3.叱り顔を意識して作る

男の子は叱られる時の緊張に耐えられずに、わざとふざけたりしますが、そんな時にも笑わずに、意識して叱り顔を作りましょう。

 

4.叱るための環境を整える

子どもは音に敏感です。子どもがちゃんと話を聞けるように、テレビを消したり、静かな場所へ移動するなどして、環境を整えることも大切です。

 

5.「私がイヤだ」と伝える

「そんなことをすのは悪い子」など、相手を主語にして話すのではなく、「ママはイヤだな」とこちらの思いを伝えるようにします。

注意する時は、子どもを評価する言い方より、事実を伝える言い方を心がけましょう。

 

6.行為がダメと伝える

子どもが過度に自分は悪い子だと思ったり、ママに嫌われたくないのではと心配しないように、「叩く〇〇くん」がいけないのではなく、「〇〇くんが叩くこと」がいけないのだと伝えましょう。

 

7.サッと叱って終わらせる

いまいち伝わっていないかな?と思っても、最後の最後は許してあげてください。子どもを追い込み、とどめを刺さないように。

ポイントを決めてズバッと叱り、はい、おしまいが理想です。

 

8.男の子のプライドを尊重する

男の子が大きく傷つくのは、「自分の大切にしているものを壊されたとき」です。

大切にしていることやプライドを持っていることを、否定したりしないように。

「お兄ちゃんなのに」は禁句です。

 

 

 

叱ることに疲れてしまった時に 

叱ることは必要ですが、できるだけ叱る場面は減らしたいですよね。

毎日ニコニコ笑って、楽しく生活したいと願うのは、誰でも同じだと思います。

しかし、叱ることに疲れたからと言って、子どもを野放しにするわけにはいきません。

そんな時には、叱る側の意識を少し変えてみるのも、必要です。

 

1.叱る言葉はワンパターン化していませんか?

いつも同じ状況で叱っている場合、その叱り方に効果がないのかもしれません。

「ほめて、なだめて、叱って、すかす」という言葉があるように、子どもとの関わりの中でも、意識的にいつもと違う関わり方をすることで、子どもの行動を変えられる場合があります。

 

2.約束ごとは1つ、ハードルは低く

子どもは一度にたくさんのことは守れません。

最初から多くを求めすぎないことが大切です。

1つの事が守れるようになったら、次のステップへ移るようにしましょう。

 

3.叱るときは一呼吸おいてから

ケガや身の安全に関わるようなことは別ですが、叱る前にまず深呼吸。

気持ちをおさえてから事態に向き合うことで、平静さを保ちましょう。

 

4.遊びの要素を取り入れる

叱ることが目的ではなく、子どもの行動を修正することが目的です。

叱られる事に拒否反応を示してしまう子どもには、あえて遊びの様子を入れ、楽しく行動を直すようにしましょう。

例えば、歯磨きを嫌がった場合、「虫歯になるから磨きなさい」ではなく、「あ、お口にバイキンさんがいるよ~。磨いてバイキンさんを追い払おう!」などです。

子どもは、この方が意外とすんなりと言う事をききます。

 

5.「ええかげん」な親になる

親が子どもの行動を1から10まで目を光らせていたら、子どもの息が詰まります。

子どもは自分で成長する力をもともと備えています。

少し、親が目をつむることで、子ども自ら考えさせる場面も必要です。

子どもの問題行動と呼ばれる行為の多くは、成長とともになくなります。

それは、親が叱ったからではなく、子どもが成長したからなのです。

 

 参考図書)0~6才までの男の子の育て方

 

 

 〈関連記事〉
www.ikumama.info

www.ikumama.info 

www.ikumama.info