ikumama☆(^^)

ikumama☆

子鉄とおでかけ&知育情報

ディズニーランド 1才で楽しむ秘訣とは

初ディズニーでは待ち時間なしのゆったり計画で

f:id:my_darling_child:20170206083235j:image

子供が産まれる前は、年パスで足繁く通っていたTDLですが、子連れとなると話は別です。

1才を過ぎ、暖かくなってきた春の週末にデビューしました。息子は1才半。


事前に、子供の機嫌や体調次第で、臨機応変に楽しめるプランを綿密に考えて、当日に臨みました。

 

 

アクセスは車をチョイス

開園1時間前にパーキングへ到着。

駐車場へ入るのに少し渋滞しましたが、それ程遠くない場所へ停められました。パパはすぐに入場待ちの列へ。
私と息子は、車で待機。

 

開園少し前になると、列を詰め出すので、15分前位にベビーカーに乗せて合流。

 

 

初めのねらいはプーさんのグリーティング

開園とともに、プーさんのグリーティングのあるクリスタルパレスレストランへ直行。(現在は予約制)
このグリーティングは、朝食時間だけですが、小さな子供にはおすすめです!
一緒に写真を撮ったり、追いかけたり…
プーさんの他、イーヨーさん、ピグレット、ティガー、ラビットが来てくれました♡

レストランを出た花壇に、お散歩中のかわいい鴨が。しばらく鴨と遊ぶチョロ助。こういう随所で楽しめるのも、ディズニーの魅力です。


イッツアスモールワールド

そして次に向かったのは、イッツスモールワールド。
音楽に聞き入りながら、興味深くじ〜っと人形達を眺めるチョロ助。
ボートでゆっくりと進むので、ハニーハントやモンスターズインクの様に、1歳児には少々激し過ぎる動きもなく、グー!
待ち時間もほぼゼロですし、個人的には、1歳児でも十分楽しめるアトラクションNo.1だと思います。


トゥーンタウン

f:id:my_darling_child:20170206083857j:image
オムツ替えをしに、トゥーンタウンにあるベビーセンターへ。ここでは授乳室の他、オムツや粉ミルクの販売、ミルク用のお湯の提供もあり、安心です。

その後、トゥーンタウン内ドナルドの家近辺で、よちよち歩き、ご満悦。グーフィーやドナルド達の登場で、更にテンションUP。


クイーン・オブ・ハートのバンケットホールでランチ

トゥーンタウンからほど近く、席数も多いレストランをチョイス。テーブル間隔もゆったりしてますので、ベビーカーのままで入れます。
ここのアンバースデーケーキが、妙に美味しくてお気に入り♡


キャッスルカルーセル

いわゆるメリーゴーランドの豪華版です。チョロ助を前に乗せて、後ろから私が支えながら乗りました。
待ち時間は、一度に大勢乗れるのでタイミングにも寄りますが、10分程度。
外側の馬が、写真を撮るのにおすすめです。


お昼寝タイムにショッピング

その後、ベビーカーに乗せるとすぐにお昼寝。駐車場へ戻り、車中で寝かせて、パパと交代でお土産売り場へ物色しに。混雑した店内では、ベビーカーを押しながらではゆっくり見られません。車中ならチョロ助も静かにぐっすり眠れ、寝起き後は機嫌良く活動再開できます。


その他、1才で楽しめたアトラクション

お昼寝後は、パレードを見て、蒸気船マークトウェイン号へ乗船。
リバーサイド鉄道は、暗闇の中、恐竜が出てくる場面では、怖がらないよう気をそらせる工夫をしました。


子供中心のプランでしたが、子連れでないと楽しめないショーや、子供に寄って車でキャラクターの仕草がかわいかったりと、大人だけとは違った楽しみ方ができました<emoji:pikapika>


f:id:my_darling_child:20170206084018p:image