ikumama☆(^^)

ikumama☆

子鉄とおでかけ&知育情報

免疫力を高める冬の最強野菜とは

冬の時期、子ども達は幼稚園や学校で、様々なウィルスや菌にさらされています。

病気をもらってきて、やっと治ったと思ったら、また別の病気に感染する、など園や学校を休みがちになるのもこの時期です。

 

f:id:my_darling_child:20171216221123j:plain

 

親としては、できるだけ免疫力を上げ、病気に負けない身体をつくってあげたいですよね。

 

免疫力を高める食材は様々ありますが、中でも冬に旬を迎える最強野菜を紹介します。

 

 

《目次》

 

 

れんこん

f:id:my_darling_child:20171216220021j:plain

れんこんには、免疫ビタミンと呼ばれ免疫細胞を活性化させる「リポポリサッカライド」(LPS)が豊富に含まれています。

 

LPSは、継続して摂取することで免疫力がアップするだけでなく、花粉症などのアレルギー疾患の緩和や、がんや認知症の予防にも効くと言われています。

 

また、れんこんに含まれるビタミンCは、でんぷんによって守られている為、加熱しても壊れにくく、疲労回復や風邪予防に効果的です。

 

さらにネバネバ成分は胃壁を保護して消化や吸収をスムーズにし、ポリフェノールの抗酸化作用は喉の痛みやイガイガの緩和や、抗アレルギー効果も得られます。

 

 冬の料理には、是非取り入れたい食材ですね。

 

 

 きんぴら、煮物、炊き込みご飯の他、ハンバーグに混ぜて食感を楽しんだり、

厚み0.5〜1㎝の輪切りをソテーし塩で味付けするだけでも意外と美味しく頂けます。

 

風邪を引いている時は、すり下ろしたレンコンと生姜をすまし汁に加えると、

身体がポカポカし、弱った身体によく効きます。

 

 

 

長ねぎ

 


ネギを切ると、「アリシン」という香り成分が出てきます。
このアリシンには殺菌効果の他、血管拡張・血流アップの効果があり、抵抗力も高めてくれると考えられています。


アリシンは、ネギをたくさん刻むことで、効果が高く得られます。

 

熱に弱いので、生がおすすめですが、お味噌汁に入れてスープごと食べることでアリシンを取り込むことができます。

 


また、青ネギや白ネギの青い部分の粘液には、免疫系が活性化し、がん予防まで期待できる可能性があると言います。 


青い部分で粘性が見られない場所も、乾燥しているだけで、効果はあります。


そしてその効果は、加熱しても冷凍しても失われませんので、様々な調理法が可能です。

 

 

 

 だいこん

f:id:my_darling_child:20171216221007j:plain

ウィルスや細菌などを殺菌する働きをしてくれる食材は、免疫細胞の働きを助け、免疫力を高めてくれます。

 

大根に含まれる辛味成分「イソチオシアナート」には、殺菌や免疫力を高める効果があります。

また、喉など気管炎症をおさえてくれる効果もあります。

 

 

それだけでなく、消化酵素である「ジアスターゼ」が胃腸の消化を助けて腸内環境を整えてくれますし、

免疫力アップに繋がるビタミンCも含まれています。

 

 

それらのすぐれた栄養素を効果的に摂取する為には、できるだけ食べる直前に、皮ごとすりおろし、生でいただきましょう。

 

…とは言っても、子どもにはからい大根おろしは食べづらいもの。

 

酢やポン酢、味噌、マヨネーズ、ヨーグルト&はちみつなどと和えると、多少、マイルドになり食べやすくなるようてます。

 

また、レンジで少し加熱することで、からさを調整することができます。

 

ただ、加熱しすぎると大根のありがたい栄養素が抜けてしまうので、できるだけ短時間での加熱にとどめましょう。

 

 

 

はくさい

f:id:my_darling_child:20171216221238j:plain

白菜には、ビタミンCをはじめ、カリウム、マグネシウム、カルシウムが含まれ、風邪のひきはじめや風邪の予防に効果的です。

また、粘膜を丈夫にし、風邪予防にも貢献してくれます。

 

その他、体内の老廃物を排出する働きをしてくれるカリウムも豊富に含まれているので、積極的に摂りたい野菜ですね。

 

加熱すると甘みが出るので、子どもも食べやすくなります。

 

ビタミンCは水に溶けやすいので、炒め物や浅漬け、煮込んだ汁ごと頂くお鍋やスープ・お味噌汁がおすすめです。

 

 

 

小松菜

 

f:id:my_darling_child:20171216213657j:plain

小松菜には、ほうれん草の約4倍ものカルシウム、免疫力UPのビタミンCや皮膚を強化するビタミンA、

老化防止にも効くビタミンEなど栄養価が豊富に含まれています。

 

また、「イソチオシアネート」という免疫細胞自体の数を増やしてくれる成分も含まれて、

小松菜はまさに免疫力アップに有効な食材と言えるでしょう。

 

また、小松菜の緑色の元である「カロテノイド」には、活性酸素を除去してくれる強い抗酸化作用があります。

 

油に溶けやすい脂溶性の成分で、身体を調節してくれる機能性成分として注目されている成分です。

また免疫細胞の働きを良くする働きもあります。

 

緑色のもとになるため、小松菜は緑色が深いものを選ぶ方がこのカロテノイドが多く含まれているのでオススメです。

 

小松菜は、免疫細胞を増やすイソチオシアネートと、免疫細胞の働きを良くするカロテノイドを同時に摂取できる優秀な食材です。

 

 おひたし・煮浸し、炒め物、お味噌汁やお鍋に入れたりと、様々な方法で美味しく食べられます。

 

 

まとめ

 

冬の時期にスーパーに出回っているこれらの旬の野菜、 積極的に活用し、親子で寒い冬を乗り超えましょう!

 

 

☆最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

〈関連記事〉

www.ikumama.info

 

 

〈この記事もよく読まれています〉

www.ikumama.info

www.ikumama.info

www.ikumama.info