ikumama☆(^^)

ikumama☆

子鉄とおでかけ&知育情報

ベルナティオ 雪遊びを幼児も大人も100%楽しもう

昨シーズンは、ナスパスキーガーデン(新潟・越後湯沢)で雪遊びデビューを楽しんだ息子。

www.ikumama.info

 

楽しかった経験をしっかりと覚えており、今年もまた雪遊びしたい!と言うので、ナスパよりも更に雪遊びアクティビティーの種類の多い施設を探しまくりました。

 

アクセスの良さ、幼児に優しいこと、大人も楽しめること、雪遊びアクティビティーが豊富なこと、を条件に比較した結果、同じく新潟の越後湯沢にある『あてま高原リゾート ベルナティオ』に行くことにしました。

 f:id:my_darling_child:20180221112923p:image

 

 

《目次》

 

 

アクセス状況

 

東京駅から新幹線で「越後湯沢」駅 まで1時間20分。そこからベルナティオまでは送迎バスで約1時間です。

ナスパスキーガーデン(送迎バスで5分)と比較して送迎バス1時間はアクセスが悪くなりますが、アクティビティの多さと天秤にかけ、そこは目をつむることに。

 

実際に行ってみると、バスに揺られながら見る雪景色はとても素敵で、山越えの傾斜にところどころ発見できる動物の足跡などを見つけながら、バスツアー気分をも味わえました。

 f:id:my_darling_child:20180221112906p:image

 

雪遊びを満喫

 

ホテルに到着すると、部屋に入れる15:00までの間は、ロビーからすぐの更衣室&ロッカーで着替えをして、階下へ降りて外に出ると、雪遊びエリアになっています。

 

雪だるまを作ったり、滑り台やふあふあ、そり遊びは、そのまま自由に遊べます。

f:id:my_darling_child:20180221110017p:image

f:id:my_darling_child:20180221110031p:imagef:id:my_darling_child:20180221110040p:image

 

 

有料アクティビティの受付は、外に出る出口にあります。

 

巨大かまくらもあり、入り口から長いトンネルを入っていくと、中はカフェになっています。

飲み物の他、ラーメンも食べることができ、中はラーメンの匂いが充満していました。

 f:id:my_darling_child:20180221110052p:image

 

 

おすすめのスノーアクティビティ

 

有料アクティビティで今回体験したのは、スノーレーサー、スノーチュービング、スノーラフティングです。

 

スノーレーサー

 f:id:my_darling_child:20180221110141p:image

スノーレーサーは、そり滑りは大好きだけど、ちょっと違うのに乗って見たいな、という子におすすめです。

1日レンタル510円で、1人乗りor 2人乗り、好きなタイプを選べ、2人乗りなら親子で乗れます。(写真は2人乗り用)

 

ハンドル操作でカッコいいレーサー気分が味わえますよ。

 

スノーストライダーのレンタルもあります。

コースは、そり滑り、スノーレーサー、スノーストライダー、それぞれ並列した別のコースになっているので、安心です。

 

 

 スノーチュービング

 f:id:my_darling_child:20180221110154p:image

スノーチュービングは、大きなタイヤ状のチューブに乗って、ジェットコースターのように滑ります。

スリルと爽快感を味わえ、子どもも大人も楽しめるアクティビティです。

 

登りは、自動ベルトにチューブをひっかけて、上まで楽々登っていけます。(1回210円)

 f:id:my_darling_child:20180221110206p:image

チューブ1個が一人乗りですが、チューブを2個3個4個…連結させて滑ることもできるので、家族で皆で滑ることも可能です。

 f:id:my_darling_child:20180221110237p:image

 

スノーラフティング

 f:id:my_darling_child:20180221110254p:image

スノーモービルに引っ張られるラフティングに乗って、5分間もの雪上ドライブに出かけられます。

3人乗りで、2人で乗っても3人で乗っても1回510円と、とてもお値打ちです。

 

小さい子どもが乗っている場合は、様子を見ながら徐々にスピードを上げてくれます。

少々、スノーモービルのガソリンの臭いが気になりますが、大人も子どもも満足の楽しさです。

 

 

雪遊びイベントも

 f:id:my_darling_child:20180221110257p:image

シーズン中の日曜午前には、Sunday雪んこ広場というイベントが開催されます。

イベントの内容は、長靴飛ばし競争、ジャンプ合戦、スノータワービルディング、雪上宝探しです。

 

土曜に続いてそり滑りやスノーレーサーに夢中になっていた息子でしたが、途中参加OKなので、我が家は「雪上宝探し」のみ参加しました。

スタート地点から10mほど先にある高さ20cm程の雪山の中から、ガチャガチャのカプセルを探します。(1人1個まで)

カプセルの中には紙がはいっており、2箱用意された景品の箱、どちらから選べるかが書かれています。

景品は、100均おもちゃレベルのものですが、思いがけないおもちゃのプレゼントは嬉しいものですね。

 

 

ホテルも評判通り

 

 今回泊まった部屋は、別館のファミリールーム(和洋室)です。

部屋風呂はなくシャワールームのみでしたが、部屋は広くて快適でした。

 f:id:my_darling_child:20180221112936p:image

夕食後はキッズルームで遊んだり、子ども用のかわいいパジャマの貸し出しもあり、子どもも大満足です。

f:id:my_darling_child:20180221113110p:image

 

 

心やすらぐ雪見風呂

 

本館と別館、それぞれに温泉大浴場があり、脱衣所にタオルや飲料水も用意されており、便利です。

本館には露天風呂もあり、雪を眺めながらの露天は最高でした。

 

ただ、別館と本館の間を、浴衣で行き来するのは夜中を除いて禁止されており、また、食事の際も浴衣禁止なので、注意が必要です。

 

 

内容充実のビュッフェ

 f:id:my_darling_child:20180221112956p:image

揚げたて天ぷらをはじめ、和洋中揃ったビュッフェはどれも美味しかったですが、感動したのは、子どもが自分で取れる高さに配置された、子ども向けビュッフェコーナーが用意されていたことです。

 f:id:my_darling_child:20180221110324p:image

 ハンバーグ、カレー、ポテト、星型コロッケなど、子どもが好きなものが集められ、ハンバーガーを作ったり、チョコレートファウンテン、朝食時にはリンゴの搾りたてジュースを作ることも出来ました。

 

 

 まとめ

 

総じて、満足度の高い雪遊びツアーとなりました。リピーターが多いというのも納得です。

 

年中さんからはキッズスキーレッスンもありますし、上越国際スキー場までの無料送迎バス(所要時間7分)も出ていますので、来シーズンの雪遊びが早くも楽しみです。

 

 

 ☆最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 〈こちらの記事も読まれています〉

www.ikumama.info

www.ikumama.info